FC2ブログ

おしゃれカメラ「RICOH AUTOHALF」の機種紹介,オートハーフ等で撮影した世界の絶景写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印パ国境(インド)

DSC06176.jpg

唯一開かれた印パ間の陸路国境
写真の通り、なかなか立派です。
こちらはインド側。




こちらはパキ側の門

私はこのとき、日本からイスラマバードまで飛び、中国→チベット
→ネパール→インドと周り、再びイスラマバードに戻る旅をしていたので、
ついに旅行も終わりだなあと切ない気分になったものでした。

さて、国境付近のアクセスですが、
インド側はアムリトサルから国境近くまでローカルバスが出ています(国境まで直行するバスもあるらしい)。
バスを降りたらボーダーまではリキシャ、長い直線の並木道を走り国境に向います。
そしてバキ側ボーダーからはラホール行きのローカルバスがあります。

--------------------------------
☆ヤフーオークションにてオートハーフ出品中!

          ココヲ押下
--------------------------------
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lhasacafe.blog10.fc2.com/tb.php/276-827f765f

インドが気になったぞ

16世紀後半にシク教の信徒によって建てられた街である。1604年、シク教の総本山であるハルマンダル・サーヒブが建てられた。(19世紀初頭に屋根が金箔で覆われたことから、現在はゴールデン・テンプルという通称が定着している。)植民地時代の1919年には、逮捕令状なしでの

 | HOME | 

RECENT ENTRIES

ご来店のお客様

RECENT TRACKBACKS

店長からのご挨拶

lhasacafe

lhasacafe

喫茶ラサへようこそ
メールはこちら

FC2Ad

アクセスカウンター