FC2ブログ

おしゃれカメラ「RICOH AUTOHALF」の機種紹介,オートハーフ等で撮影した世界の絶景写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートハーフの使い方

0.jpg

遅ればせながら、オートハーフの使い方をご紹介致します。



ka2.jpg

ka1.jpg

まずは各部の説明です
画像をクリックしてください、大きくなります。



1.jpg

1 裏ぶたを開ける

「裏ぶた開閉ボタン」を「OPEN」の方向へ押せば、裏ぶたが開きます。



2.jpg

2 フィルムを入れる

1)「フィルム巻き戻しクランク」を引き出します。
2)「パトローネ室」に写真のような形でフィルムを入れます。
3)巻き戻しクランクを元の状態に押し入れます。

※フィルムに直射日光が当たらないようにして下さい。



3.jpg

3 2つのツメにフィルムをかける

1)「巻き上げノブ」をまわして、「フィルムくわえ口」を上にもってきます。
2)くわえ口にフィルムを差し込み、フィルムの穴をくわえ口のツメにかけます。
3)巻き上げノブを少し回して、「スプロケット」にフィルムの穴をあわせます。
4)フィルムが正しく入っていることを確かめ、裏ぶたを閉じます。



DSC07668.jpg

4 スプリングを巻きあげる。

1)巻き上げノブをまわして、スプリングを巻き上げます。
いっぱいに巻き上げると、約30枚連続して撮影できます。
2)「カウンター」に1が出るまで、シャッターを押してフィルムを巻き上げます。

※巻き上げノブを回すときは、力を入れすぎないようにしましょう。



5.jpg

5 露出ダイアルをセット

1)「ASAダイアル」を回して、使用フィルムの感度番号にあわせます。
2)「絞りダイアル」を回して、A(オート)にあわせます。



6.jpg

6 ファインダーの見方

1)ファインダー中央のマークが黄色のときは、撮影状態OKのサインです。
2)夜や暗い室内では、マークが赤色に変わり、露出不足を知らせます。
このときは、ストロボを使って撮影して下さい。



7.jpg

7 撮影終了・フィルム巻き戻し
1)フィルムカウンターで撮影終了を確かめます。
通常枚数よりも多く撮れるときがあります。
完全に写し終わると巻き上げノブを回してもシャッターが押せません。
2)巻き上げノブの赤印と「REWIND POSITION」の赤印をあわせて、
「巻き戻しボタン」を押してください。
ジーッと音がしてスプリングがほどけます。
3)巻き戻しクランクを起こし、矢印の方向に回してフィルムを巻き戻します。
フィルムが完全に巻き戻されるとクランクが急に軽くなります。



○撮影のエッセンス

1 こんなときはシャッターが押せません
無理に押さずに次のことを確かめてください
・フィルムが入っていないとき
・巻き上げスプリングがなくなったとき
・フィルムを全部写し終わったとき

2 ジーッという音はフィルムを巻き上げている音です
シャッターは押した瞬間に高速できれていますから、音が聞こえているときにカメラを動かしてもブレる心配はありません。

3 シャッターボタンが途中でとまったとき
これはフィルムを正確に巻き上げるための安全装置で、シャッターボタンを最後まで押せば元に戻ります。

以上

--------------------------------
☆ヤフーオークションにてオートハーフ出品中!

          ココヲ押下
--------------------------------
スポンサーサイト

 | HOME | 

RECENT ENTRIES

ご来店のお客様

RECENT TRACKBACKS

店長からのご挨拶

lhasacafe

lhasacafe

喫茶ラサへようこそ
メールはこちら

FC2Ad

アクセスカウンター